ノースフェイスのレインウェア

ノースフェイスは、登山マテリアルやアウトドア装備はもちろん、タウンユースにも活躍する服の組合せと提供をやり遂げるアメリカのメーカーですが、そういったノースフェイスグッズの中でひときわ人気のある服の一種がレインウェアではないでしょうか。

ノースフェイスのレインウェアには、大きく分けると2つのタイプがあって、多くのメーカーで採用されているゴアテックスネタのものって、ノースフェイスが独力開発したハイベントというネタのものだ。
ハイベントも、防水性、透湿性、防風性を兼ね備えていますが、ゴアテックスに比べると若干劣り、その分、費用は低めに設定されています。

ノースフェイスのレインウェアが支持なのは、他のメーカーのものと比べて、防水性、透湿性、快適性の3つの部分で優れていることがあげられます。

防水性はレインウェアで最も重要なポイントで、メーカーにて降雨を防ぐレベルに違いがあります。

ノースフェイスのレインウェアが使用しているゴアテックスとハイベントというネタは、他のメーカーのものと比べても非常に防水性に優れています。

また、防水性と同じほど重要なのが透湿性だ。

レインウェアを着て登山をすると、汗でレインウェアの当事者は蒸れます。
こういう蒸れ(水蒸気)を外に出すキャパシティーが透湿性で、ゴアテックスとハイベントは、透湿性も優れています。

グングン快適性というのは、動きやすさや着心地のよさに関して、ノースフェイスのレインウェアの裏地は特殊なプリントが施されているので、ミッドレイヤーを着用していても服地のスレが少ないだ。
また、こういう裏地は滑らかな結果、スキンへのベタ付きも抑えてくれ、外圧を感じることもあまりありません。

ノースフェイスのレインウェアといえばレインテックスシリーズですが、レインウェアとしてのユーザビリティ、快適性、一層、財布のがたいや位置、枚数といった細かい部分まで行き届いたグッズだ。

ここでは、登山を通じて最初に貰うにはおすすめのブルゾンというショーツ変位セットになっているタイプをご紹介します。

ハイベントレインテックス(女性)は、変位セットで19,440(税込)って効率に優れた軽量防水レインスーツで、ネタには防水・透湿性の厳しいハイベントR2カテゴリー組立を採用している。
山歩きときの軽量シェルとして使いやすい設計だ。

レインテックスエアロは、袖を通したときのすがすがしい着衣イメージで、雨天時もそのユーザビリティーが持続する高機能レインウエアだ。
ネタはハイベント?の3カテゴリー服地としていて、高位での防水透湿性を実現している。
費用は女性で27,000(税込)だ。

GORE-TEXRPaclite2.5カテゴリー組立を採用したレインテックスクラウドは、軽さと強さを併せ持つレインウェアで、女性費用42,120(税込)だ。
ブルゾンはある程度ゆとりのある形で繰り返し着がしやすく、ショーツはストレスなくボディを移れることを実現した走行同列作戦を就職し、シャープな形という動きやすさの兼職を可能にしました。

レインテックス(女性)は、関連当事者特に高額な45,360(税込)ですが、40デニールのGORE-TEXR3カテゴリー組立で強弱という軽さを併せ持ち、山岳地帯での雨風に対応するレインウェアだ。www.sustainablewenlock.org.uk